関西エリアで引っ越しを行うという場合、できるだけ予算を抑えたいという人も多いものです。新居へは持って行かないものを処分するにも費用が掛かるものもあり、また新居へ移ってからも部屋のサイズに合わせたものや不足している家具などを購入したりと何かとお金がかかってしまうことになります。他にも、賃貸住宅であれば敷金や礼金、仲介手数料などのまとまったお金も必要になってきます。そのために、荷物を移動することだけに予算をかけている場合ではなくなってしまいます。より安く引っ越しをするためには、ちょっとした工夫も必要です。時期や時間によってもコストカットができることもあり、近場であれば業者に頼まずに自分たちだけで作業を行うことで、ほとんどお金をかけることなく済ませることができます。

業者に依頼をするのなら繁忙期を避けよう

引っ越し業者に作業を依頼する時には、同じ荷物の量で同じ場所まで運んでもらうとしても、時期によって値段が違ってくるということを理解しておく必要があります。繁忙期になれば利用料金も割り増しとなってしまうので、閑散期を見極めて利用するのがポイントともなります。日本では、4月から学校や職場の新生活がスタートすることになるので、3月の下旬は最も混雑する時期となります。この時期を避けることだけでも安く利用することができます。また、午前中に荷物の持ち出しをしてもらい、その日の夕方には新居で荷物の整理をしたいという人も多いので、午前中の依頼となれば混雑する時間帯にもなります。午後からの引越しであれば比較的すいていることもあり、予算的にも安く抑えることができます。

関西エリア内なら業者に頼まず自分たちでやってみよう

関西エリア内での引越しなど、新居までの距離が近いのであれば、自分たちで済ませるという方法もあります。マイカーを持っている人であれば、家族や友人、職場の同僚などに手伝ってもらって数回に分けて荷物の移動ができます。もしもマイカーが小さいというのであれば、レンタカーを借りても費用を抑えることができます。レンタカーは、普通自動車免許でも運転ができる小型のトラックも用意されており、数時間単位から借りることができます。荷物をまとめて運び出すだけの準備をしっかりとしておけば、効率よく短時間で安く済ませることができます。レンタカーを借りたり、友達に手伝ってもらったお礼として食事をごちそうしてあげたとしても、業者を利用するよりははるかに出費を抑えることができます。